高すぎる不動産仲介手数料を節約する裏ワザ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
前回は、住宅ローンのうち不動産仲介業者と銀行が行っている「提携ローン」のメリットとデメリットについてお聞き頂きました。

今回は、不動産仲介手数料についてお聞き頂きたいと思います。この仲介手数料が本当に高いんですよね。

仲介手数料とは?

まずは「仲介手数料」について確認しておきたいと思います。

すでにご存じのことと思いますが、多くの場合、家というは売主から直接販売されるわけではありません。

売主

仲介業者

買主

こんなふうに、売主と買主の間に仲介業者が入るのが普通です。東急リバブルや三井のリハウスなどがこれにあたりますよね。
さて、仲介業者は物件が売れると売主と買主の双方から仲介手数料を受け取ります。

売主

↓仲介手数料

仲介業者

↑仲介手数料

買主

仲介手数料は仲介業者を通して物件を買う限り必ずかかるものです。これが、仲介業者の収入になっているのですね。
とはいえ、この手数料がとにかく高い!!

購入する家を決めたあとに必要な費用の一覧表をもらう機会があると思いますが、「仲介手数料」の項目を見たときにはおそらく絶句すると思います。

どうして、何件か家を案内してもらっただけで100万円近くかかるんだよ!!

という感じです。

「安くしてほしい」と直接交渉するとどうなるか?

では、どうにかして、仲介手数料をほんの少しでも安くすることはできないのでしょうか?

実は仲介手数料は法律により上限が決まっています。その数字が「物件価格の3%+6万円」です。(この数字の根拠は僕にはわかりません)

ここで大事なのは、下限は決まっていないということです。つまり、実は仲介手数料を安くするよう交渉することも可能だということです。

ということで、直接「安くしてよ!」と交渉するとどうなるか?

可能性としては3つ考えられます。

1、断られる
2、仲介業者の機嫌が悪くなる
3、売ってもらえなくなる

まあ、当然といえば当然ですよね(笑) 仲介業者は仲介手数料によって利益をあげているわけですから。なので、直接的に交渉しても仲介手数料が下がる可能性は低いということです。

では、どうすれば仲介手数料を下げることができるのでしょうか?

仲介手数料を安くする裏技

思い出してほしいのが、仲介手数料の上限金額を算出する計算式です。

物件価格の3%+6万円
でしたね。

ということは、元の物件価格が安くなれば仲介手数料も安くなるはず!!

そこで僕は、物件の購入を決めたときに役職男にこう言いました。

「家の値段、もう少し安くできませんか? たとえばジャスト3,000万円ぐらいに」

すると、役職男は快くこれに応じ売主と交渉してくれました。そして、物件価格は元の約3,100万円からほぼ3,000万円ジャストに下がりました。
余談ですが、この辺りの交渉を簡単にやってくれたことについては、役職男が担当で良かったと思います。新人営業マンでは、簡単に100万円近く値段を下げることはできないでしょうから(笑)

この方法で、どれぐらい仲介手数料が安くなるのか?

この方法で、どれぐらい仲介手数料が節約できたのでしょうか? ここでは仮に、物件価格が3,100万円のときと3,000万円のときで計算してみます。

■物件価格3,100万円のとき
物件価格3,100万円×3%+6万円=930,006円

■物件価格3,000万円のとき
物件価格3,000万円×3%+6万円=900,006円

■差額
930,006-900,006=3万円

うん、本当に微々たるものです……。(わざわざ記事にしたのに、予想以上に効果は薄かった……笑)

でも、「3,000万円」という数字を見てしまっているから麻痺しているだけで、普段の生活のなかで「3万円」というのはそこそこの金額のはずです。物件価格の値引き額100万円と合わせると「103万円」の節約になったわけですから、とりあえずこれで良しとしなければいけないかもしれません。

また、これは仲介業者と仲が悪くなければ、比較的誰でもできる方法だと思うので、試してみる価値はあると思います。

次回は、「高すぎる仲介手数料を、ちょっと強引に安くする力ワザ!!」についてお聞きいただきたいと思います。今回もありがとうございました!

スポンサーリンク
最下層