住宅本舗で住宅ローンを一括審査|口コミや危険性、手数料は? 個人情報が漏れることなく安心して利用できる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

戸建てやマンションを購入するとき大きな問題になることに一つは、「どの金融機関で住宅ローンを組むか」ということではないでしょうか。不動産業者から提携ローンを勧められるものの、「本当にこれよりいい住宅ローンはないのかな……」と疑問に思ってしまいますよね。

実は同じように考える人はたくさんいらっしゃいます。こうした人のあいだで受け入れられているのが「住宅本舗」です。

住宅本舗は、住宅ローンの比較と一括申請をできるサイトです。今回はこの「住宅本舗」を利用するメリットや口コミのほかに、利用することのデメリットはないかなどを紹介したいと思います。

住宅ローンの比較&一括申請サイト「住宅本舗」ってどんなサイト?

(画像引用元:【住宅本舗】まずはシミュレーションから

「住宅本舗」は、提携している全国の銀行から最大6行に一括で仮審査を申し込み、もっとも低い金利の銀行を見つけられるサイトです。

ここまで聞くと、「なんだ、ただの比較サイトか」と思うかもしれませんが、そうではありません。

「住宅本舗」は本当に便利なサービスなんです。

通常、住宅ローンを申請するときには、1つの銀行や金融機関ごとに書類を書いたり集めたりしなければいけません。しかも、書類の形式は銀行や金融機関によって異なります。つまり、3つの銀行に申請するためには書式のちがう書類を3種類書かなければならないということです。

実際に経験したことがありますが、これは本当に面倒な作業です。1つの書類を作成するのに最低でも1時間はかかりますから、3つの銀行に申請する場合は3時間以上かかる計算になってしまいます。

「住宅本舗」は、たった20分の入力で最大6つの銀行に一括で申請できます。これだけでも本当に便利なサイトだということがわかりますよね。

ちなみに、「住宅本舗」はサービスを開始するときに、金融商品を管轄する省庁や金融機関に対し綿密な確認をし、正当なサービスであることが認められています。

さっそく利用してみる方、こちらをどうぞ!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

「住宅本舗」を利用するとどれぐらい得をする?

また後ほど詳しく説明しますが、「住宅本舗」を利用することの一番大きなメリットは、もっとも低い金利で住宅ローンを契約できることです。

では、住宅本舗を利用する場合としない場合でどれぐらい得をする可能性があるでしょうか?

ひとまず、以下の条件で借り入れすると仮定して計算してみたいと思います。

・借入金額(住宅ローン金額):3,000万円
・借入期間(住宅ローン期間):35年

比較的、一般的だと思われる金額と期間を設定してみました。

「住宅本舗」を利用しない場合

・適用金利:0.775%
・総返済額:34,261,884円(3,426万1,884円)
・支払利息:4,261,884円(426万1,884円)

なんと! 全部で426万円以上の利息を払わなければいけない計算になってしまいます。仮に年収が500万円の方であれば、一生のうち約1年は住宅ローンの利息のために働くことになってしまうわけです。

では、「住宅本舗」を利用すると、どうなるでしょうか?

「住宅本舗」を利用する場合

・適用金利:0.444%
・総返済額:32,396,669円(3,239万6,669円)
・支払利息:2,396,669円(239万6,669円)

「住宅本舗」を利用することで、支払わなければいけない総額がグっと減りました。

その差は186万円以上!

これはあくまでシミュレーションの一例ですが、これだけお金が浮くことがわかりました。その分だけ、さまざまなことにお金をまわすことができます。

たとえば……

・家族旅行はいかがですか?
・月に1度、ちょっとリッチな食事をできるかもしれません
・お子さんの将来の学費に使えます
・病気やケガをしたときのために貯蓄することだってできます
・旦那様や奥様へのプレゼントに使えます
・家の設備をグレードアップすることもできますよ

入力にかかる時間は20分程度。それだけで200万円近いお金を節約して、有意義なお金の使い方ができるはずです!

さっそく利用してみる方、こちらです!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

「住宅本舗」で一括申請する流れは?

住宅本舗を利用するためには、まず以下の項目を入力します。

・借入希望金額
・借入期間
・対象物件の住所(購入するor購入した物件がある都道府県)
・物件の契約状況(探している/ほぼ決まっている/確定済み/契約済み)

その後、もう少し具体的な住宅や物件、借入条件などの情報を入力。一度、情報を送信します。すると、メールでアプリの案内がくるので、このアプリを使って金融機関に審査を依頼することになります。

「アプリを使うなんてめんどくさそう……」と思う方、いらっしゃると思います。でも実は、このアプリが、「住宅本舗」を使うあなたのお得を生み出しているんです。後ほど説明しますね!

さっそく利用してみる方、こちらをどうぞ!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

住宅本舗を利用するメリットは?

「住宅本舗」を利用するメリットは主に4つあります。

金利のもっとも低い住宅ローンをノーリスクで見つけられる

住宅ローンを組むときにもっとも重視しなければいけないのは金利です。金利によって月々の返済額が大きく変わってくるからです。

そうであれば、さまざまな金融機関の金利を比較し、もっとも有利な住宅ローンを組む必要があります。ただそのためには、1つずつ銀行や金融機関を直接まわり大量の書類を書かなければなりません。そうでないと、どの金融機関が自分にどれぐらいの金利を適用するかがわからないのです。

一方の「住宅本舗」なら、最大6つの銀行に一括で仮審査を申請できるので、住宅ローンを比較する手間を大きく減らすことができます。つまり、住宅ローン探しの負担を限りなく抑えたうえでもっとも金利のいい住宅ローンを組むことができるのです。

住宅ローンにかかる諸費用を比較できる

多くの場合、住宅ローンを契約するときんは「諸費用」がかかります。金融機関側が住宅ローンにかける手間はさほど変わらないのではないかと思うのですが、実は銀行や金融機関によって諸費用はかなり異なっています。

住宅ローンにかかる諸費用は主に3つあります。

・住宅ローン保証料
・住宅ローン事務手数料
・団体信用保険料

住宅ローン保証料」とは、住宅ローンを組んだ人(あなた)が保証会社に支払うお金のことです。万一、住宅ローンを組んだ人が返済できなくなった場合、保証会社が銀行に残債を支払うことになります。適用金利に0.2%程度を上乗せして支払うケースが多くなると思いますが、無料という銀行もあります。

住宅ローン事務手数料」は、その名の通り住宅ローンを組むときに支払う手数料です。3~10万円程度が相場だと考えればいいでしょう。

団体信用保険料」は、住宅ローンを組んだ人が死亡してしまった場合や高度の障害を負ってしまった場合に残債を支払わなくてもよくなる生命保険料です。金利に上乗せして支払うよう求める銀行もあれば、無料の銀行もあります。

このように見てみると、諸費用は銀行や金融機関によってバラつきがあることがわかります。すべてが「無料」の住宅ローンを組めればいいのですが、実際は自分で1つずつ銀行や金融機関をまわらないとどれぐらいの諸費用がかかるかわかりません。

「住宅本舗」なら諸費用の詳細をしっかり開示してもらえるので、なににどれぐあいのお金がかかるのかを簡単に比較できます。もちろん、諸費用の金額によって住宅ローンを選ぶこともできるのです。

保障内容を簡単に比較できる

一般的な団体信用保険は、住宅ローンを組んだ人が死亡してしまった場合や高度の障害を負ってしまったときに住宅ローンの残高がゼロになるものです。ただ、金融機関によってはさらに手厚い保障をつけていることがあります。たとえば、住信SBIネット銀行は、病気やケガで12ヶ月働けない状態がつづいた場合、残債がゼロになる保障をつけています(精神疾患以外はすべてが対象)。

この保障内容も銀行や金融機関によって大きく異なります。「住宅本舗」なら仮審査に通った金融機関の保障内容もよくわかるので、住宅ローンの比較が簡単です。

手数料ゼロで利用できる

これだけ充実した比較・検討ができる「住宅本舗」ですが、利用手数料はかかりません。つまり、無料で住宅ローンを検討でき、もっとも金利の低い銀行と契約できるのです。

さっそく利用してみる方、こちらです!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

「住宅本舗」の口コミは?

では、実際に「住宅本舗」を利用した人は、どのような感想を持っているのでしょうか。

様々な銀行の金利・条件を見比べ、1番低い金利の住宅ローンを選びました

知人が以前「住宅ローンは絶対に比較が大事!」と言っていたのを思い出して、比較のしやすい住宅本舗を利用しました。まずは金利で比較したのですが、条件や事務手数料など各銀行ごとに異なり、最終的に「これだ!」と思う1番に決めることができました。

金利だけでなく条件や事務手数料などさまざまな観点から比較できるのが、「住宅本舗」のメリットです。

お恥ずかしいですけど家計的に1万円で数万円でも払う額が少なくなるなら、ということでやって良かったです。他の銀行さんとかで借りる場合が無料でシミュレーションできるのは良い点と思いました。

結果的にウチのローンはサイトにのっている例ほどではないですが約10万円ほど安くなったのでちょっとボーナスでた感じで良かったです。まあ一手間かけて数万円安くなるのであれば、それは価値あったかなと思ってます。(40代 男性)

(引用元:口コミ倉庫

「住宅本舗」の一番の魅力は、やはり金銭的に得をすること、あるいは損をしないことです。まずは使ってみるといいですね。

複数の銀行に仮審査を一括で申し込めるので、スムーズに住宅ローンが決まりました。

他のサービスでは、住宅ローンを比較できても申し込みは1銀行ずつになるので面倒でした。住宅本舗では、比較ができる上に、申し込みたい銀行に一括で申し込みできました。2銀行ほど審査に通りませんでしたが、審査に通った銀行で無事に住宅ローンを組むことができました。

住宅ローンの比較ができることや一括で申し込みできることにメリットを感じている方は多いようです。

家族のことを考えて、病気の保障の厚い住宅ローンを選びました。

考えたくないですが、自分が健康に働けなくなった場合、家族はどうなってしまうのかが心配でした。家系的に「がん」にかかる恐れがあるため、団体信用生命保険以外にもがんや脳卒中などに対応する保障の厚い住宅ローンを比較して決めました。家族の事を考えて、安心なプランを選択できて満足です。

僕もそうですが、自分が働けなくなったときに家を失ってしまうのではないかと不安になる方は多いようです。保障内容で比較できれば、こういった心配はなくなります。

とっても便利でした!

借り換えを検討していた良いタイミングで、こちらの住宅本舗さんの一括査定を知り利用させていただきましたが本当に便利で助かりました。借り換えの際には、とてもたくさんの情報を入力して、各金融機関へ申請しなければいけませんが、こちらのアプリを使用することで、すべて反映してくれますので、いちいち入力する手間を省け、結果的に多くの金融機関へ仮申請申込をすることができました。現在、お陰様で、1つの金融機関に絞り込むことが出来て本申込みの結果待ちです。ありがとうございました。

(引用元:お財布.com

新規借り入れの方だけでなく借り換えの方にも便利なサービスです。

マイホーム購入の際、どこの会社で住宅ローンを組めばいいのか、いろいろありすぎて迷っていましたが、こちらで一括でまとめて金利とか費用とかの条件を比較できたのが便利だった。

なにから始めていいかわからない状態だったし、忙しい時期だったのと面倒くさがりなので一気に無料で聞けるのとても助かった。あまり知られていないけど便利。(35歳 女性)

(引用元:口コミ倉庫

住宅ローンを組むのがはじめてでどうしたらいいのかわからなくても、簡単に比較・検討できるのが「住宅本舗」です。

事情があり親と二世帯住宅をたてて同居しようということに決まりました。自営業のため住宅ローンを銀行で見積もりしたのですが金利が高く、諦めた方がいいのだろうか、、と迷っていましたが、ネットで住宅本舗を見つけて、とりあえず無料なので見積だけだしてもらうことに。

すぐに結果がでて比較できました。結局、最初に見積もりをだしてもらった銀行とは別の銀行からいいお話を頂いたのでそちらに決めましたが、住宅本舗で出した見積も参考になり、その銀行とのやりとりの時も交渉がしやすかったです

自分がどの程度の金利で借りれるのかなどの参考にもなるのでいいですね。(36歳 男性)

(引用元:口コミ倉庫

一般的に住宅ローンを組みづらいとされているフリーランスや自営業の方でも利用できます。また、とりあえず住宅本舗で申し込むことで、別の銀行と交渉するときの材料にもなりますね。

さっそく利用してみたい方、こちらです!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

万一、一括審査に落ちてしまったら、どこからもお金を借りられなくなるのでは?

一般的に、銀行で住宅ローンの審査を依頼すると、結果とともに「審査記録」が残ってしまいます。また、一度に多くの銀行や金融機関に審査を依頼すると、「本当はうちと契約する気はないのでは?」と思われてしまう危険視があります。いずれにしても、銀行の心象は悪くなってしまうということです。
「住宅本舗」はアプリを使って申請するため、こうしたデメリットを解消することができます。銀行に審査記録が残ることはありませんし、一括申請で銀行の心象が悪化することもありません。「住宅本舗」はそのためにアプリを使っているのです。万一、一括審査に落ちてしまったら、もう一度自分で銀行をまわって住宅ローン審査を依頼することができるのです。

つまり、理想的な手順はこうなります。

1、まずは「住宅本舗」を利用して一括の仮審査を申請

・申請に通る銀行や金融機関があったら比較・検討する
・万一、すべての仮審査に落ちてしまった方だけ、2に進む

2、万一、一括審査に落ちてしまったら、個別に住宅ローンの審査を申請する

・一括審査で落ちてしまった履歴は残りませんので、リスクはゼロです。

さっそく利用してみる方、こちらです!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

「住宅本舗」を利用することで情報が漏れる危険性は?

「住宅本舗」で仮審査を一括で申請しても審査履歴などの情報が漏れることはありません。「信用会社などを通して銀行同士が情報を共有しているのではないか?」と心配になる方がいらっしゃるかもしれませんが、情報共有はありません。安心して複数の銀行に仮審査を申し込むことができます。また、情報セキュリティの国際規格であるISO27001を取得しているのでさらに安心です。また、IDやパスワード、口座情報を入力することはありません。

住宅本舗にはどのような銀行が参加している?

住宅本舗には、全国約60の銀行が参加しています。ネット銀行なら「住信SBIネット銀行」や「ソニー銀行」、メガバンクなら「みずほ銀行」や「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」、地方銀行なら「横浜銀行」や「群馬銀行」、「福岡銀行」などです。いずれも名立たる銀行ばかり。安心して一括審査を依頼することができますね。

住宅ローンの一括申請サイト「住宅本舗」のまとめ

・最大6つの銀行に、一括で住宅ローンの仮審査を申請できる
・たった20分の入力で、200万円近く節約できる可能性がある
・金利だけでなく、諸費用や団体信用保険、保障内容などあらゆる観点で比較検討できる
・セキュリティに厳しいので情報漏れのリスクが限りなくゼロで利用できる
・メガバンクから地方銀行、ネット銀行まで日本の名立たる銀行が提携
・もちろん無料で利用できる

「住宅本舗」は住宅ローンの一括申請サービスです。条件に合わない住宅ローンが提示された場合は契約する必要はありません。つまり、ひとまず申請してみて比較・検討するための材料だけ集めるという使い方もできます。お気軽に利用してみてはいかがでしょうか。パソコンでもスマホでも、タブレットでもOKです!




【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!
まずはシミュレーションから

スポンサーリンク
最下層