はじめての離乳食のときに用意すべきアイテム【第27回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

お久しぶりです! 今回は2ヵ月前からスタートした離乳食について書きたいと思います。

離乳食は……とにかく面倒くさいです笑

やっと一回食のサイクルに慣れてきたと思ったら、すぐに2回食がスタート……。大人と同じものが食べられないので、手間が倍増します。洗い物も倍増します……。

今回は、これさえあればとりあえず離乳食が始められるというアイテムをあげてみます。

私自身いまも試行錯誤中で、偉そうに言えることはなにもありません笑 ただ、離乳食を始めるときになにを買えばいいのか迷ったので、2ヵ月おこなってみて必要だったものをまとめてみます。

スポンサーリンク

調理セット


ピジョン 調理セット 離乳食用

とにかく最初の2ヵ月は、「①すりおろす ②すりつぶす ③裏ごしする」どの食材もこればっかりです。この基本の調理ができるセットはマストアイテムになります。もちろん自宅にあるおろし器やすり鉢を使ってもOKなのですが、セットになっているとコンパクトにしまえるのでおすすめです。頻繁に、使って洗ってを繰り返すので、まとめて置けると助かります。

フリージング容器(ブロックトレーとジップロック)


エジソン 小分け容器 エジソンの冷凍小分けパック Mサイズ 使う分だけ簡単に取り出せる


ジップロック フリーザーバッグ M 45枚入

多めに作って小分けにし冷凍庫で保存すると毎回作る手間が省けます。離乳食を始めたばかりだと1回に食べる量も少ないので、とくにこのフリージングが役立ちます。小分けのトレーで凍らせて、ジップロックなどに移しての保存が基本。エジソンの小分けトレーは取り出しやすくて丈夫なので、とても重宝しています!

器とスプーン


SKATER 離乳食 小鉢 4個セット キャンディ カラー 日本製 BBLS1Q


コンビ テテオ teteo フィーディングスプーン 離乳ナビ Neo 専用ケース付

大小の器やスプーン・フォークなどがセットになっているものもありますが、最初は小さい小鉢とスプーンだけで十分です。赤ちゃんがさまざまな食材の味になれるためにも、ご飯、野菜、魚などを別々に盛ることが望まれます。初めはすべてトロトロ状に調理するので、少し深さのある小鉢が最適。なるべく柄などが入っていないシンプルなものにすると、赤ちゃんが集中して食べてくれますよ

スプーンは月齢に合った大きさのものを。うちはコンビの離乳食ナビスプーンを使っていますが、息子が一度に口に運べる量に合っていたようで、スムーズに食べてくれています。

ベビーフード


ベビーフード 離乳食 5ヶ月 頃からの チャレンジセット

「今日はどうしても時間がない!」「疲れて無理!」そんなときはベビーフードに頼るのもアリです! 5ヵ月からでも食べられるものがたくさんでています。大人が試食すると、ちょっと微妙な味……と思うものも、赤ちゃんは案外パクパク食べてくれるかもしれません。

うちもたまにお湯で解くだけのおかゆをあげていますが、手作りのものよりも食いつきがいいような気がします。ショックですが、赤ちゃん用に考えて作られているのでしょうがないのかもしれませんね。

息子が母の手料理を大好きになってくれるよう、頑張っていきたいと思います!

今回わかったこと

離乳食スタート時に買う器具は最低限のものでも間に合います。徐々に様子をみながら買い足していきましょう。

今回もお読みいただきありがとうございます。次回に続きます。

スポンサーリンク
最下層