新築住宅、感動した引き渡し日!最終チェックの重要性【第35回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんにちは、カオリンです。前回は、外構工事を外部の業者に頼んだことをお伝えしました。今回は、いよいよむかえた家の引き渡し日の出来事をお伝えしたいと思います。

→第1回目の記事はこちらです。

引き渡し日直前の最終チェック

引き渡し日の数日前に、現場監督と家の最終チェックをおこないました。外壁の塗装、建具の具合、壁紙のヨレや隙間のチェック、キッチンやお風呂、照明のチェックなど、各項目を事細かに一緒に見て回ります。これまでも週1回はチェックしていたし、まず問題はないだろうと軽い気持ちでいました。

しかし……とってもわかりやすい不備を見つけてしまったのです! なんと、外壁の一部に色の塗り間違いを発見したのでした!!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0%e5%a1%97%e3%82%8a%e5%bf%98%e3%82%8c

(シャッター上が塗り間違えられた部分)

家は白っぽい色と黒との塗りわけをしています。写真の、シャッターの上は黒に塗られるべきところなのですが、白系に塗られています。見づらい部分なので現場監督も気づかなかったようです。指摘したところ、数日後の引き渡し日までには直してくれるとのことでした。

まさか外壁の色に間違いがあるとは思わなかったので、チェックの大切さを改めて感じました。

感動の引き渡し日

そしてついにやってきた引き渡し日当日。指定された朝10時に家に向かうと、現場監督、営業担当、建築士の方々が出迎えてくれました。祝いの言葉をもらい、お互いに握手。いろいろあったけど、毎回誠意をもって対応してもらいました。なんだかお互い涙ぐんでしまいました。 もし最終チェックで外壁の色の間違いに気づかなければ、こうした感動も薄れてしまったかもしれません

ただし、そんな感動の時間もガス屋さんの訪問とともにすぐに終了 笑 ガス機器の初期設定をしてもらい、お風呂やキッチンの使い方の解説を聞きました。その後、現場監督から窓や玄関ドアのカギ等の取り扱いの説明を受けました。もちろん、例の色の塗り間違いも直っていました!

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e5%a1%97%e3%82%8a%e7%9b%b4%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e5%a4%96%e5%a3%81

黒く塗られました

そんなこんなで、慌ただしく引き渡しの儀式は終わりました。改めて完成したばかりのまっさらな家を見まわします。着工から4ヵ月、家の建て替えを決意してからは7ヵ月が経過していました。一仕事終えた達成感と、これからどんな生活を送っていこうかという新たな期待で、しばらく夫婦で佇んでいました……。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2%e3%81%be%e3%81%a0%e4%bd%95%e3%82%82%e3%81%aa%e3%81%84%e3%83%aa%e3%83%93%e3%83%b3%e3%82%b0

(まだ何もないリビングダイニング……夢が膨らみます)

気持ちよく引き渡しを終えるなら

家の新築や建て替えをご検討中の方は、「持ち家計画」をのぞいてみてはいかがでしょうか。家づくりのポイントは、複数のハウスメーカーや工務店をしっかり比較すること。でも、忙しい毎日です。自分でいくつもの業者をまわるのは大変ですよね。このサイトなら、地域密着の厳選された業者の資料を一括取り寄せ。しかも、かかる時間はたったの2分。業者をまわる手間を、大幅にカットできます。もちろん無料


利用した方からは、「子育てから考えたダイナミック4層立体空間の家。設計力、提案力が違いました」、「設計士さん・営業さんのアドバイスが『夏涼しく、冬暖かい家づくりにとても参考になりました」、「2階には子世帯用のLDK、超ワイドなバルコニーなど、2世帯で快適に暮らせる工夫を施しています」などの声が。無料利用でたったの2分。「持ち家計画」で自分にぴったりの家を見つけてみませんか。

次回からは、なにもない新築をくつろぎ空間にするために奮闘した様子をお伝えしたいと思います。

今回わかったこと

引き渡し前の最終チェックで見つかる不備もある。気を抜かずに行いましょう!

→第1回目の記事はこちらです。

スポンサーリンク
最下層