インテリアの基本 理想の部屋を作るためのインテリア術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

せっかく戸建てを購入したのだから、気持ちのいい空間で生活したい! ここでは、理想の部屋を作るための、インテリア術を紹介します!

第1回目の今回は、「インテリアの基本」です! まずは、しっかり基本をおさえ、理想の部屋作りへの第1歩にしましょう!

テーブルと椅子

【menu】

  1. 理想的なスタイルを見つける
  2. ライフスタイルを考える
  3. 全体の調和やバランスを考える
  4. メンテナンスや生活のしやすさを考える
  5. 優先順位を決める

理想的なスタイルを見つける

まずは、自分の理想とするインテリアの「スタイル」を見つけることからはじめましょう。

スタイルには主に以下のようなものがあります。

  • ナチュラルスタイル
  • フェミニンナチュラル
  • マニッシュナチュラル
  • カントリー
  • ブリティッシュ
  • フレンチカントリー
  • シンプル
  • シンプルナチュラル
  • 北欧
  • モダン
  • ナチュラルモダン
  • 和モダン
  • クラシック
  • ヨーロッパ・アンティーク
  • トラディショナル
  • エレガント
  • ジャパニーズ
  • アジアン
  • カフェ

それぞれのスタイルについては、インターネット上に画像があるので検索するといいでしょう。ここでは割愛します。

ポイントは、同じような名前のスタイルがいくつもあるということ。

たとえば、ナチュラルには「ナチュラル」、「フェミニンナチュラル」、「マニッシュナチュラル」、「シンプルナチュラル」がありますし、カントリーにも、「カントリー」と「フレンチカントリー」があります。

ですから、旦那さん(あるいは奥さん)と話しあってスタイルを決めるのであれば、お互いがどんなものをイメージしているのか、ある程度正確に把握しておくといいですね。そうでないと、自分がイメージする「ナチュラル」と相手がイメージする「ナチュラル」が、実はちがうものだった……ということが起きてしまうかもしれません。

ライフスタイルを考える

インテリアを、見ためだけで決めない方がいいですね。自分や家族のライフスタイルに合った機能性と気持ちのいいデザイン性を両立させてこそ、理想的な空間にすることができます。

まずは、普段の生活を振り返って、どんな機能が必要か考えてみましょう。誰が、どんなふうに部屋を使うのか。来客の頻度はどれぐらいか。こうしたことを再確認することで、照明の明るさや必要な家具、それらの配置がわかってきます。

たとえば、オシャレなカフェのようにカウンターやソファに座って食事をしたいという方は、実はダイニングテーブルは必要ではないかもしれません。また、泊っていく来客が多いのであれば、ただのソファでなくてソファベッドを用意した方が喜ばれるかもしれません。

もちろん、デザイン性も大切です。毎日暮らす空間ですから、気持ちのいいデザインで、心からリラックスできる色や素材の家具を選ぶといいですね。

モデルルームインテリア

全体の調和やバランスを考える

どんなに気に入った服も、他の服や小物とのコーディネイトをまちがえると、その魅力が半減してしまいますよね。これはインテリアでも同じこと。部屋を作る内装や家具、カーテン、照明など、さまざまなものとの調和やバランスを考えることで、家具は魅力をさらに増すのです。ですから、家具を新たに購入するときは、部屋の雰囲気や他の家具とマッチするかをよく検討するといいですね。

また、意外に忘れがちなのが家具のサイズ。どんなに素敵なデザインでも、部屋の大きさに合っていなければ台無しです。小さな部屋では背の高いものは避けたいですし、大きな部屋にはそれに見合った家具を置いてダイナミックな空間を演出したいですよね。デザインだけでなくサイズについても、全体のバランスを考えるようにするといいですね。

メンテナンスや生活のしやすさを考える

家具は、どうしても傷んでくるもの。耐久性や手入れ方法はさまざまで、どんなものにもメリットとデメリットがあります。家具を選ぶときは、メンテナンスも考慮するといいでしょう。ただ、メンテナンス性だけを考え、デザインを妥協するのも少しちがいます。デザイン性とメンテナンス性のどちらを優先するのか考えるといいですね。

また、生活のしやすさについてイメージするのも大切です。たとえば、すぐに動かせるものなら掃除も簡単です。動かすのが難しいものであれば、掃除しやすく配置することも大切になってきます。

優先順位を決める

理想的なインテリアを実現しようとすると、いくらお金があっても足りない……ということもおきがちです。とはいえ、すべてを妥協して購入するのはやめた方がいいですね。いまいち気に入らないものばかりに囲まれていると、毎日の生活が楽しくなくなってしまいます。ですから、なにが一番大切なのか、優先中にを決めて、少しずつお気に入りの家具をそろえていきましょう。

いかがでしたか? これからインテリアについての記事を続々アップしていく予定です! ぜひ、参考にして頂きたく思います!!

※今回の記事は、以下の書籍も参考に書かせていただきました。(クリックするとアマゾンにジャンプします)
センスがいいとほめられる インテリアのルール

簡単に、「センスがいいね!」とほめられたい人にオススメの一冊です!

シンプルスタイル、カントリースタイル、アンティークスタイル、カフェスタイル、アジアンスタイルなど、インテリアには代表的な「スタイル」があります。

この本は、そんなスタイルのポイントをルール化してまとめてくれています。まずは、自分の好きなスタイルを見つけて、ルール通りに実践するだけで、センスのいい空間を作ることができます。

はじめての家づくり 基本レッスン 決定版―「居心地のいい家」をつくる必読情報! (主婦の友新実用BOOKS)

写真でみるだけでなく、インテリアの基本を知りたい人にオススメの一冊です!

インテリア関係の本はビジュアル重視のものが多いのですが、この本は実際にすばらしいインテリアを実践している一般の家の写真を掲載しながら、どこがポイントなのかを説明してくれています。

また、インテリアの基本からカラーコーディネート、ウインドートリートメント、家具、照明、キッチンの選び方、ディスプレイや収納の基本など、理想の部屋を作るために必要な知識を順番に解説してくれているので、非常にわかりやすくステップアップしながらインテリアを学ぶことができます。

スポンサーリンク
最下層