切迫流産とは? 原因や対処法|実家の近くに家を買うことのメリットも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんにちは。そして、お久しぶりです。管理人の妻です。

夫が以前からお伝えしている通り、今年に入ったぐらいから妊娠&出産の準備を進めていました。そして準備が終わったと思ったらすぐに妊娠が発覚した……のですが、実は妊娠発覚と同時に切迫流産も発覚してしまいました。

「切迫流産」

言葉は知っていても、どんなものが正直よくわかりません。そこで今回は切迫流産について紹介します。そして、切迫流産に対応するなかで感じた実家の近くに家を購入することのメリットも一緒に紹介したいと思います。

切迫流産ってなに?

「切迫流産」という言葉からわかるのは、「流産しそうで切迫した状態であること」ぐらいではないでしょうか。でも、これだけではなにがなんだか……。少し詳しく調べてみました。

そもそも「流産」って? 原因は?

まずは、「流産」について確認します。日本産科婦人科学会のウェブサイトによると、流産とは「22週より前に妊娠が終わること」とされています。22週に満たない赤ちゃんは母親のお腹の外では生きていけないことから、この週数に定められているようです。実際には、12週未満の早期での流産が80%を占めているといわれています。

流産の原因でもっとも多いのが、「染色体などの異常」です。非常に悲しくて残念なことですが、このケースでは受精の瞬間に流産することが決まっていることがほとんどなので、母親が原因ではありません。万一、早期に流産してしまっても母親が自分を責める必要はないということです。

「切迫流産」ってどんなもの?

「切迫流産」は、「流産の恐れがある状態」「流産の一歩手前の状態」です。流産の原因でもっとも多いのは染色体異常ですが、切迫流産の原因にはさまざまな可能性があります必ずしも染色体異常だとは限りません。ここは非常に大切な点です! ただ、その原因をはっきり特定する方法はいまのところありません。

万一、切迫流産と診断されたときは、とにかくお腹のなかの命を守ることが大切です。自宅や入院で安静に過ごすことで、出産を迎えられる可能性が高くなります。

私にあった切迫流産の症状 黒い血が出たら?

切迫流産の症状は、一般的に以下のようなものが挙げられます。

・不正出血
・下腹部の痛み

私も生理が少し遅れてから、不正出血と下腹部の痛みの両方がありました。生理とは明らかに違うのに出血や痛みがあったので、とても恐かったです。

生理予定日より1週間ほど過ぎてから「もしかして……」と思い妊娠検査薬でチェックしてみたところ、妊娠していることがわかりました。でも、出血や痛みが治まらなかっため病院に行ったところ、切迫流産と診断されました。妊娠6週が確定したその日に切迫流産まで発覚してしまったということです。これはやっぱりショックでした。

切迫流産の場合、どのような色の血が出てくるでしょうか。私の場合、はじめのうちは「赤い血」で、少しずつ「黒い血」が出るようになりました。いままで黒い血が出たことはなかったので、本当に腰が抜けるかと思うほどびっくりしました。

ただ、実際にまだ妊娠を継続できているので、黒い血が出たからといって落ち込みすぎないでください。まずは冷静になって、できるだけ早く病院にいってくださいね。

切迫流産になったら、どう過ごせばいい?

切迫流産と診断されたとき、医師からは「安静に過ごすように」といわれました。ところが、今度は「安静」がどういうことなのかわかりません笑 仕事はシフト制なので穴を開けるわけにはいかないので、できれば無理のない程度に働きたいと思いました。

そこで「安静」についてコトバンクで調べてみたところ、こんな記述がありました。

2 病気治療のため、静かに寝ていること。「絶対安静」

また、いろいろと調べると“寝たきり”で過ごさなければならなくなっているママさんたちがいらっしゃることがわかりました。そうしないと本当に流産してしまうかもしれないそうです。一方で、「切迫流産と診断されたあともいつも通り仕事をしていた」という人もいることがわかりました。

少し悩んだのですが、一番大切なのはお腹の赤ちゃんです(いまだに実感はあまりないのですが)。正直、一緒に働いている同僚に迷惑をかけるのは気が引けたのですが、会社に相談してみることにしました。

すると、お腹の赤ちゃんが動いていることが確認できるようになるまでお休みできることに! 本当にありがたいことです。

医師から指示されたのは約2週間。本当に家からほとんど出ることなく、ベッドで過ごしました。

実家の近くに家を買うことのメリット

切迫流産で安静にしていなければならないあいだに一番困ったことは食事です。実際、立ちっぱなしだと体調が悪くなってしまいます。料理はちょっと難しいなと感じました。

そんなときに助けてくれたのが母です。

私と夫(とお腹の赤ちゃん)は、両親の済む家から車で15~20分ぐらいのところに住んでいます。切迫流産のことを母に話したところ、毎日おかずを作って届けてくれました。

もともと「子どもが生まれたら助けてもらわなければならなくなるから、実家の近くに家を買おう」と選んだ場所だったのですが、生まれる前から手伝ってもらうことになるとは思いませんでした。母もパートの繁忙期で忙しいのに、申し訳ないやらありがたいやら……。

もし実家の近くに住んでいなければ、もっともっと大変だったと思います。母には本当に感謝しています。

切迫流産と診断されて不安を感じている方へ

病院で「切迫流産」といわれると、本当に不安な気持ちになります。でも、私のまわりには切迫流産になっても無事に出産した人が何人かいます。私もまだまだ不安ですが、一緒にがんばりましょう!

※この記事は私の切迫流産の経験をもとに書いたものです。万一ご自身が切迫流産と診断された場合は、必ず医師の指示にしたがってください。

スポンサーリンク
最下層