ベビーカーに必要な機能 オート四輪とは? JOIE「スマバギ」を使った感想も【第18回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちは、カオリンです。

早いもので息子が生まれて1ヵ月半が経ちました。新生児期に比べ、だいぶ体つきもしっかりしてきました。最近はお出かけもできるように! といっても猛暑が続いているので、近所のスーパーへ1~2時間程度ですが……。それでも、いい気分転換になっています!

今回は、そんなお出かけ時の必需品であるベビーカーについて。どんな種類があるのか、なにを重視して選ぶべきか、また、私が購入したベビーカーの感想などをまとめてみたいと思います。

おすすめはズバリ両対面式ベビーカーです!

スポンサーリンク

ベビーカーの価格の差ってなに?

用品店に行くと、とにかく種類が沢山あって迷ってしまうのがベビーカーです。まず私はその価格の幅に困惑してしまいました。安いものだと1万円前後、高いものだと8万円以上していたからです。

この差はなに? ブランド力?

……くらいに考えていましたが、どうやら違ったようでした。

まず、ベビーカーにはA型とB型があります

A型は首座り前(生後1ヶ月頃から)から36ヶ月頃まで使えるもの、B型は首や腰の据わった赤ちゃん(生後約7ヶ月以上)を対象年齢としているものです。

リクライニング機能などが付いているA型は値段が高く、シンプルな構造であるB型は値段が安いようでした。A型は3万円以上から、B型は1万円代が主流なようです。

それ以外の価格の差は、機能性とデザイン性、あとはやはりブランド力によるもののようでした。

ベビーカーの機能性のポイント

多くの方が気になるのはやはり「機能性」の違いですよね。まず、ベビーカーの機能性の差にはどのようなポイントがあるのかまとめます。

・軽量性
・コンパクトさ
・走行時のスムーズ感・安定感
・イスのクッション部分の質感
・対面背面の切り替えができるか
・荷物入れの有無

ざっくりいうとこんな感じです。

昨日の違いがわかったら、いくらぐらいでどれぐらいのスペックのものが買えるのか……ということになってきます。

軽量性とコンパクトさについては、決して価格と比例するわけではありません。軽さを重視するなら、A型よりもシンプルなつくりのB型になります。

ただしスムーズで小回りが利く走行や赤ちゃんの座り心地のよさを求めるなら、やはり値段はお高めになってきます

私のオススメは、赤ちゃんがママのほうを向く対面式にも、赤ちゃんが進行方向を向く背面式にもできる機能があるベビーカーです。

まだ月齢が低いときは、とにかく赤ちゃんの状態が心配になります。暑いか寒いか、タオルなどが顔に被さってないか、起きているか寝ているか、息をしているか……。対面で顔を見れると安心するし、お散歩をしながら話しかけることもできます。

どれくらいの値段からこの機能が付いているのでしょうか。

赤ちゃん用品の国内主力ブランド「コンビ」や「アップリカ」が出しているA型ベビーカーは、4万円代~5万円代が主なようです。4万円以上出すとだいたい両対面式で、さらに乗り心地、使い心地にも満足感を得られるものが多いようでした。

ただ、探せば2万円代からでも両対面式にできるベビーカーもあります。ちなみに私はイギリスのJOIEというブランドのA型ベビーカー「スマバギ」を購入しました。対面にでき、価格は約3万円とコスパの良さが決め手でした。

しかし、その価格の裏には1つ落とし穴があったのです……。

JOIEの「スマバギ」を使ってみて

この商品の特徴はまず、軽いということです。折り畳みの操作も簡単で、場所も比較的取りません。座り心地はというと、赤ちゃんに聞くことができないので何とも言えませんが、気持ちよさそうに寝ていることが多いです。ただやはり安価なこともあり、走行時に地面からの振動は結構伝わります。

そしてもう1つ、「やっちまった~」と感じていることがあります。

それは、両対面式とうたってはいるものの、後輪が固定されていることです。ちょっと文章で説明するのが難しいのですが……赤ちゃんがママのほうを向く対面式に切り替えると、前輪が固定されてしまうことになるため、走行が不安定になるのです。簡単にいうと、方向転換しづらいのです。

【赤ちゃんが進行方向を向く背面走行のとき→前輪が自由に動くた方向転換しやすい】

【赤ちゃんがママのほうを向く対面走行のとき→前輪が固定されてしまうため方向転換しづらい】 

この問題をクリアにするのが、オート四輪のベビーカーです。オート四輪は、背面式で使うばあいも対面式で使う場合も、常に後輪になるタイヤが固定され、前輪になるタイヤが360度回るようになります。赤ちゃんが前を向いているときもママのほうを向いているときも常に後ろのタイヤが固定されて前のタイヤが自由に動くようになるため、自然な走行が可能になるのです。人気のコンビやアップリカでは4万円前後のタイプから、このオート四輪を搭載しているようです。

4万円前後でオート四輪が使えるならいい買い物だと思います。私は今だったら間違いなくこのオート四輪のベビーカーを選びます笑 せっかく対面にできても、走行がしづらかったら、背面で使うことが多くなるからです……。

以上、自分の体験をもとに、おすすめの機能を紹介してみました。ベビーカーはライフスタイルによって、必要な機能が変わってくると思います。月齢の低いうちから赤ちゃんと外出を楽しみたいという方には、オート四輪の両対面式がぜひおすすめです!

今回わかったこと

・ベビーカーには主に生後1ヵ月から使えるA型と、生後7ヵ月頃から使えるB型がある。
・ライフスタイルや赤ちゃんとやりたいことから、自分に合った機能の付いたベビーカーを選ぶ必要がある。
・月齢が低いうちから赤ちゃんと沢山お出かけしたい人には、オート四輪の両対面式ベビーカーがおすすめ!
スポンサーリンク
最下層