フィルターや換気扇の掃除方法も紹介!24時間換気システムが住宅にとって大切な理由。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

SUUMOやHOME’Sといった住宅情報サイトを見ていると、「24時間換気システム」という文字を見ることがあります。ただそう言われても、「24時間換気してくれるんだろうな。なんだか良さそうだな」とおぼろげに思うだけで、「実際どんなものなのか」「どんな理由で必要なのか」など、はっきりしたことはわかりませんよね。実は僕もそうでした。

今回は、僕の家についているものを例にして、24時間換気システムについて説明します!

24時間換気システムとは

24時間換気システムとは、自動的かつ強制的に換気を行うための設備で、2003年の建築基準法の改正によって設置が義務付けられました。……といっても、決して大げさなハイテク設備がついているわけではなく、換気扇が利用されています。

ちなみに僕の家のシステムの場合、すべての部屋に給気口があり、ここから室内に入った空気はトイレの換気扇(排気口)から、外に排出される仕組みになっています。

こちらが、排気口です。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3%ef%bc%88%e3%83%88%e3%82%a4%e3%83%ac%ef%bc%89

(トイレの換気扇がそのまま排気口になっています)

バスルームの換気扇も24時間ONにする設定があるので、こちらへの空気の流れもあるかもしれません。

給気口は2種類あって、こちらが1種類。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e7%b5%a6%e6%b0%97%e5%8f%a31(1階と2階の全居室についています)

こちらがもう1種類です。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e7%b5%a6%e6%b0%97%e5%8f%a32

(閉じてありますが、リビングにこのタイプがついています)

インターネットの掲示板などを見ると「24時間換気システムは寒い」と書かれていることがありますが、僕の家の場合はほとんど気になりません。逆に、本当に換気してるの? と気になるぐらいです。(下の換気扇やフィルターを見ていただければわかる通り、間違いなく換気しています笑)

なぜ、24時間換気システムが必要なの?

ところで、建築基準法の改正前はなかったはずの24時間換気システム。どうして必要になったのでしょうか。

これに関係しているのが、「シックハウス症候群」です。1990年代後半ごろから問題になりはじめ、一時期はかなり話題になったので知らない方はいないのではないでしょうか。典型的な症状は、咳やのどの痛み、目の痛み、くしゃみなどですが、その原因は住居内の化学物質やカビ、ダニなどだといわれています。最も問題視されたのが、「ホルムアルデヒド」です。壁やフローリングなど家に使われるあらゆる建材に含まれていて、少しずつ室内に充満していきます。

住宅を販売する各社はホルムアルデヒドを極力含まない建材を開発しましたが限界がありますよね。そこで24時間換気することで、ホルムアルデヒドができるだけ家のなかに溜まらないシステムを作る必要があるのです。また24時間換気することで、カビやダニの発生を抑える効果も期待できます。

24時間換気システムの種類

24時間換気システムには、3つの種類があります。

第1種換気システム

給気と排気のどちらにもファン(換気扇)を使って強制的に換気するシステムです。風通しの悪い家や高気密高断熱住宅など、空気の淀みが考えられる家で使われることが多いのが特徴です。

ただ、給気と換気の両方にファンを使って強制換気するため、相応の電気代がかかることが懸念されます。……といっても、いろいろ調べてみると、月に1,000円もかかっているはずがありません。これで家族の健康を買っていると考えれば、悪くはないのではないでしょうか。

第2種換気システム

給気にはファン(換気扇)を使い、排気は自然排気を行うシステムです。給気口からファンによって空気が取り込まれる点は第1種換気システムと同じですが、取り込まれた空気が部屋のなかをめぐり、気圧が高まると自然に排気される仕組みです。

排気にファンを使わない分、第1種換気システムよりも電気代を抑えることができます。ただ、家を傷める大きな原因である湿気を充分に室外に追い出すことができず、壁の内部に結露が発生する恐れがあります。こういった事情から、一般的な住宅ではほとんど採用されていません。

第3種換気システム

給気は自然給気、排気はファン(換気扇)により強制的に行うシステムです。部屋のなかの有害物質と一緒に湿気を追い出すことができるので、壁のなかの結露を防ぐことができる効果が期待できます。機密性の高いいまの新築住宅であればこのタイプが一般的で、北海道など寒さの厳しい地方でも9割以上の家で採用されているといわれています。

デメリットとしては、すべての部屋に給気口が必要なことが挙げられます。多くの場合、配慮された場所に設置されていますが、給気口のせいで思うような家具配置にできないこともあり得ます。

ファンやフィルターの掃除について

うちの24時間換気システムは、第3種換気システムが採用されています。給気は自然給気、排気にはファンが使用されているわけです。

気になるのが、給気口にあるフィルターの掃除や排気口のファンのお手入れについてです。

当然ですが、外の空気をそのまま取り入れたら、余計なものを一緒に家のなかに入れてしまうかもしれません。給気口にはフィルターが必要です。排気口には家中の空気が常に集まってきますから、ファンにはホコリが付着しやすくなります。そのため、給気口のフィルターや排気口のファンは、3か月に1度程度洗浄する必要があるのです。

ちなみに、恥ずかしながら僕はこの事実を知らなかったため、一度も掃除していませんでした。

さて、家を購入してから3年。一度も掃除していないとどうなるか……。その写真がこちらです。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%b1%9a%e3%82%8c%e3%81%9f%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3

わかりづらいかもしれませんが、すごく汚いです……。どれぐらい汚いか、わかりやすくしてみます。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e3%81%af%e3%81%bf%e5%87%ba%e3%81%9f%e3%83%9b%e3%82%b3%e3%83%aa

わかりますか? 内部に溜まったホコリが、外にはみ出てくるぐらい汚いのです……(恥ずかしい)。

こういう状態になると、換気効率が下がるだけでなく余計な電気代がかかることも考えられます。こうなる前にしっかり掃除することが大切です!(←いや、僕自身が、ですね……笑)

というわけで、家を買ってからはじめて掃除をしてみます!

まずは、カバーをはずしてみると……。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3_%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%81%a8%e6%9c%ac%e4%bd%93

(カバーをひっぱれば、簡単にはずれます)

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3_%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%92%e3%81%af%e3%81%9a%e3%81%99

き、汚なすぎ……。ありえません……。まずは、カバーと本体のホコリを掃除機で吸います。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3%e3%82%92%e6%8e%83%e9%99%a4%e6%a9%9f%e3%81%a7%e5%90%b8%e3%81%86(ブラシタイプのノズルが大活躍です)

掃除機だけではきれいにならないので、割りばしと雑巾を投入します。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e6%8e%92%e6%b0%97%e5%8f%a3_%e9%9b%91%e5%b7%be%e3%81%a8%e5%89%b2%e3%82%8a%e3%81%b0%e3%81%97

(無理をしてファンを傷つけないよう慎重に……)

次は、給気口です。

%e6%8f%9b%e6%b0%97%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0_%e7%b5%a6%e6%b0%97%e5%8f%a3_%e6%b1%9a%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%82%bf%e3%83%bc

(外気のホコリで真っ黒……)

給気口はそんなに汚れないのではないかと思っていましたが、やはりとんでもなく汚れていました。全居室に設置されているので大変ですが、すべて水洗いでOKです。

ちなみに、このフィルターは5~6回洗ったら、新しいものに変えるように注意書きがありました。ずっと使えるわけではないのですね。どこで買ったらいいかわからない場合は、売り主のサポートセンターなどに効くといいですね。あるいは、住宅の説明書がある場合は、そちらを確認するといいでしょう。

今回は、24時間換気システムについて紹介しました。大切な家族が健康に暮らすために、非常に大切な設備。掃除もしっかりして、シックハウス症候群とは無縁のきれいな空気のなかで生活したいですね!

今回もありがとうございました!

スポンサーリンク
最下層