リビングの風水4つのコツ|カーテンやソファ、もう一つ大切なことは!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
住宅を購入しようと考えたとき、風水を気にする方は多いと思います。そこで、ここでは家に関するさまざまな風水を紹介しています。

今回は「リビングの風水」。どんなリビングにすると運気がアップするのでしょうか。主な3点をピックアップしました。

リビングの「テレビ」

リビングは家族でゆっくりすごす場所。テレビを観ながら語らう機会も多くなりますよね。では、テレビはどの方向におけば良いのでしょうか。

答えは、リビングの東側。

東は、「発展運」や「仕事運」に直結する方角。東にテレビやパソコン、オーディオなど音の出るものをレイアウトすることで仕事運がアップします。

でも、キッチンなどとの兼ね合いから、どうしても東側にレイアウトできないことがありますよね。そういう場合は一番観やすい位置にレイアウトすればOK! その代わり、テレビの横に観葉植物などを置いてテレビの強い「陽」の気を整えるなどの対策をとりましょう。

ただし、窓やドアの真正面にテレビを置くと、せっかく外から入って来た運気を跳ね返してしまうと考えられていますので注意が必要です!

ちなみに、うちのリビングは家の中心からみて南西側、テレビはそのリビングの北側にあります。南西側にリビングがあるのは良いとして、東側は対面キッチンになっていてテレビを置くことはできないので悩みました。その代わり、東側にオーディオをセットし、スピーカーを配置することでバランスをとっています。

リビングの「カーテン&ソファ」

カーテンとソファはセットで考えましょう。このふたつのカラーやパターンを合わせると落ち着きのあるリビングになります。

ただし、落ち着きを追求しすぎて黒やダークブラウンばかりを選びすぎると、空気が重くなってしまいます。気分が落ち込んでしまうので注意しましょう。また、「革製のソファ」と「赤い」ソファは気を乱すので避けた方が無難だといわれています。

リビングの「カラー」

色の話が出たので、各方位別のカラーについても触れておきます。

北側のリビング

北は「冷気」がたまりやすい方角なので、暖色系のカラーを使いましょう。小物でクリーム、ベージュ、アイボリー、薄いピンクなどを使うと良いですね。逆に、黒やグレー、水色などは良くないようです。

北東のリビング

鬼門のリビングですね。風水はなんでもそうですが、まずは掃除や整理整頓が大切。すべてを揃える必要はありませんが、白で統一すると良いようです。ピンポイントで小物などに赤を使うと良いでしょう。

東のリビング

太陽がのぼる方角である東は、「若さ」や「発展」などといった木の成長を連想させる方位。仕事運や健康運をアップさせたいなら赤をメインに。落ち着きを得たい場合は青をメインに使いましょう。白やピンクも相性の良い色です。逆に黄色やダークブラウンはNGですので気をつけてください。

南東のリビング

南東は風が流れ込む方角とされています。若葉の黄緑やオレンジなどが相性◎ 逆に、暗い色は若葉のイメージを殺してしまうのでよくありません。

南のリビング

南は火の気を持つ方位。この方角にリビングがあると、団結力のある家庭になるそうです。カラーは白やベージュをベースに黄緑を取り入れると良いでしょう。家具を白系でまとめ、カーテンやカーペットを黄緑色にするとよくまとまります。

遮光率99.99% 選べる32色 無地の1級遮光防炎カーテン「HAUSKA」(ライトグリーン)【幅100cm 丈220cm/1枚入】

南西のリビング

南西は土の気を持つ方位。家庭運を持つ方角で、ここにリビングがあると、母親中心の家庭になる傾向があります。若木をイメージさせるグリーン系の色や土をイメージさせる明るめのブラウン系の色を合わせると良いそうです。ただし、濃いめの緑はあまり相性がよくないそうです。

ちなみに、僕の家では家具をブラウン系の色でまとめています。いまのところ、グリーン系を取り入れていないので、折りを見て購入予定のソファにグリーン系の色を選んでみようと思っています。

西のリビング

西は金の気が強い方位。そのため、ここにリビングがあるとお金に困らない家になるといわれています。本来、金や銀などのメタル色の相性がいいとされていますが、ピンクと黄色もOK。カーテンを黄色にすれば金運がアップします。また、恋愛運をアップさせるためには、ピンクをベースにポイント的に白を入れるといいそうです。

北西のリビング

北西は主人の方位。高級感の感じられる重厚な家具を置くと良いでしょう。ベージュやストライプ、白、緑系の色との相性がよいそうです。

それはNG! リビングのダメ風水を直しましょう!

リビングの運気アップを期待できる対策を紹介してきました。でも、運気ダウンにつながるものをいかに減らすかも大切。リビングでやりがちな”ダメ風水”を紹介します。

観葉植物が枯れている

枯れた観葉植物が放置されているリビングは典型的な”ダメ風水”です。水がなくなって植物が枯れるということは、金運をはじめとした運気が枯れることを意味します。観葉植物をおくことはいいことですが、枯れないようにしっかり世話をするといいですね。また、ホコリにも注意が必要です。葉が汚れないようはたきなどでこまめに掃除しましょう。

カバンを床に置いている

床に物がゴチャゴチャ置いてあると気の流れが悪くなってしまいます。棚やクローゼットなど、収納場所を決めて片付けるように注意しましょう。

壁に大きな絵を飾っている

大きすぎる絵は金運のバランスを崩してしまいます。適度な大きさのものを飾るのがコツです。また、暗い色彩ではなく明るいイメージのものを飾るようにしましょう。

季節はずれのものを出しっぱなし

「夏なのにファンヒーター」、「冬なのに扇風機」など、季節はずれのものを出しっぱなしにしておくのはNGです。運気を整える意味ためにも、使う季節が終わったら押し入れなどにしまいましょう。

カーテンをいつも閉めっぱなし

カーテンは「陰」のものに属します。昼間はレースのカーテンだけにして太陽の光を浴びましょう。家のなかに「陽」のエネルギーを取り入れることができます。逆に、夜はカーテンを閉めることで、陰と陽のバランスを整えることができます。

古い新聞紙や雑誌が山積み

読み終わった新聞紙や雑誌をそのままにしておくのはNG。新しい情報が入ってこなくなり、ご主人やご自身の仕事運や金運がダウンしてしまうおそれが。必要な情報だけスクラップして、なるべく早く処分するのがいいですね。そのときには、古紙回収や資源ごみに出してエコに貢献しましょう。

以上、今回はリビングの風水についてお聞きいただきました。風水を信じるか信じないかは自分次第ですが、よさそうなことは上手に取り入れて、運気をアップさせたいですね!!

スポンサーリンク
最下層