博品館「匠苑にくいち」(銀座・新橋)の個室でランチを楽しんだ感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんにちは、いつもこのブログをご訪問くださりありがとうございます。この時期は、僕たち夫婦にとって3本の指に入るほど大切な日。昨年は特に大きな記念だったこともあり、目の前に大きな東京タワーが見えるホテルに宿泊してきました

ただ、こんな贅沢を毎年しているわけにはいきません。そんなわけで、今年は少しだけリッチなランチをすることにしました。

今回利用したのは、銀座博品館の5Fにある「匠苑 にくいち」さん。「しゃぶしゃぶ」と「すき焼き」を選ぶことができますが、妻が僕の好みに合わせてくれたので「すき焼き」をいただくことにしました。

「匠苑 にくいち」ってどんなお店?

「匠苑 にくいち(しょうえん にくいち)」の魅力はリーズナブルな価格設定です。「若い人においしい神戸牛をたくさん食べてもらいたい」という思いのもと、「1グラム5円」という驚きの値段でお肉を提供しています。

1グラム5円って、スーパーより安いんじゃ……!?

というか、一杯400円時代の吉野家と同じぐらいなんじゃ……!? 肉のレベルは圧倒的に高いのに……!!

なぜ、こんなにも僕たちにとって非常にありがたい価格でお肉を販売できるのでしょうか。その秘密は「匠苑 にくいち」の業態にあります。ここは実は、肉の卸問屋の直営店。そのため、ほぼほぼ卸値でお肉を提供することができるのです。

僕は「ぐるなび」よりも「食べログ」よりも、実名投稿型グルメサイト「Retty(レッティ)」を信用しているのですが、非常に評判がいいですね。

コスパがいいね〜(^o^)/
肉安‼️スーパー並みの値段だわ〜

Retty人気店。
銀座・博品館5階にある、すき焼き・しゃぶしゃぶのお店。ランチがめちゃおトク。

銀座でこの肉質でこの値段は安いと言えると思います。
すき焼き、うまかったぁ。

やっぱり、コスパの良さを評価する声が多いようですね!

「匠苑 にくいち」でいただいたコースは?

それでは、僕たち夫婦が食べたコースとお店の雰囲気を紹介します。通されたのは、こちらの個室です。

(妻の希望により加工しました笑)

高い壁に囲まれた広々とした空間。照明も明るすぎず暗すぎずで、ゆっくり会話するにはちょうどいい雰囲気です。僕がいった日はボーカル系のジャズが流れていて、隣のカップル(?)の声は聞こえるものの、会話の内容までは聞き取れませんでした。音楽のボリュームもしっかり計算しているのかもしれません。

座ってドリンクを頼むと、すぐにサラダが運ばれてきました。

見ての通り、いたって普通の大根サラダです笑

しばらくは、大根サラダとドリンクで慣らし運転。10分ほどですき焼き用のお肉と野菜が運ばれてきました。

(黒毛和牛です)

(しらたきは、やや短め)

お肉を持ちあげてみると……。

な、長い……っっっ!! こんなお肉が全部で12枚乗っています。では、タレと出汁が濁らないうちに、さっそく……。

おいしそうにできました! これをこうやってつけて……。

うまいっっっ!! こうなるともう止まりませんね!

(見てください、このキラッキラな感じ!)

しっかり味わいながらも、夢中になって食べてしまいました。タレは甘すぎず辛すぎず、薄すぎず濃すぎずで、程よい感じでした。また、煮詰まってきたころ、タレと出汁を届けてくれましたよ。

玉子は一つだけがコースに含まれています。もう一つ食べるときは、90円かかりますので注意してくださいね。僕は割りと玉子を絡ませるのが好きなので、一つお替わりをいただきました。たった90円でおいしく食べられるのなら、頼んだほうがいいですよね。

すき焼きを堪能したあとは、食後のデザートと飲み物です。デザートはシャーベットで「リンゴ」と「ゆず」から選ぶことができました。

僕が選んだのはりんご。すき焼きのあとなのでさっぱりしているかと思いましたが、意外に濃厚でした。果肉も入っていましたよ。

シャーベットのお供はコーヒーです。ホットコーヒーとアイスコーヒー、アイスティーのなかから選ぶことができました。残念ながらホットティーはありません。ご注意ください。

おかしなエグみがなく、大変おいしくいただきました。割りとボディ感のある味あったと思います。

僕たち夫婦はふたりとも満腹。ランチとはいえなかなかのボリュームでした。ところで、気になるのはお値段ですよね。今回のコースは、これだけの内容を個室でいただいて「一人3,000円」でした。普段のランチではとても手が出せませんが、記念日のランチとしてはかなりリーズナブルだと思いませんか? 僕と妻は大満足でした。

ところで、普段は横浜近辺で生活している僕たちは、東京に出る機会があまりありません。今回はちょうど、「プレバト」(毎日放送)で素晴らしい水彩画を見せてくださる野村重存先生の個展開催期間。僕も妻も絵心はゼロなのですが、実は野村先生の大ファンなのです。そこで大手町駅(東京駅)近くの丸善本店まで足を延ばして、野村先生の絵を満喫してきました。(1枚なにか購入したかったのですが、最低でも7万円近くするのであきらめました……。切ない)

銀座や新橋、大手町といえば東京のど真ん中。僕たち夫婦のようにあまり都内に出ない方は、銀座や新橋でランチをすればその後にいつもと違うちょっとおしゃれなデートができますね。

スポンサーリンク
最下層