人間ドックと健康診断は違う!体中を検査してもらった結果は……。【新連載/第1回】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みなさん、健康診断は受けていますか?

会社員として働いている方はきっと毎年、指定の病院で受けていると思います。でも、本当にそれだけで大丈夫ですか?

会社の健康診断だけで安心して重大な病気の発見が遅れた方を、僕は二人知っています。

一人は……手術をして回復。いまは私と一緒に働いています。

もう一人は……亡くなりました。ガンでした。


スポンサーリンク

人間ドックで家族の絆が深まる

僕はフリーランスとして働いています。毎日慌ただしく過ごしていた結果、気が付けば5年以上健康診断というものを受けたことがありませんでした。

その間に結婚して、新築の家を買って、そろそろ子どもがほしいな……と考えています。

でも、これから住宅ローンの返済、子どもを育てる費用など、さまざまなことにお金がかかります。万一、僕が死んでしまったときは、住宅ローンの返済をしなくてもいいようにしてありますが、問題は働けなくなってしまった場合です。

収入はないのに、住宅ローンの返済はついてまわります。

収入はないのに、しっかり子どもを育てないといけません。

「早く人間ドックに行ってね」という妻の言葉を、「もう少しで仕事が落ち着くから、そのときね」という返事でやりすごしていました。

……でも、これではダメですね。

想像してください。いま、あなたのなかに病気があるとします。

でも、人間ドックを受けて早く発見すれば、命が助かるかもしれません。入院しなければいけなくなるかもしれませんが、少しの期間で済むかもしれません。一時的に働けなくなるかもしれませんが、治ったらバリバリ働けばいいのです。奥様もお子様も、あなたが回復したことをきっと喜んでくださると思います。

病気が発覚したことで、家族の絆が深まったというのはよく聞く話です。

人間ドックに行くことは、妻や子ども(まだいませんが笑)に対する男の責任――。

自分が働けなくなったせいで、妻と子どもを路頭に迷わせるわけにはいきません。僕は夫として男としての責任を果たしたい。家を買ってから約3年で、ようやくこんなふうに考えるようになりました。

検査内容の割には安く受けられる

そういうわけで、人間ドックに行ってきました。

検査項目は、

  • 身長
  • 体重
  • 視力検査
  • 眼圧検査
  • 聴力検査
  • 血液検査
  • 腹部の測定(いわゆるメタボ対策)
  • 呼気検査(肺の機能に問題がないかを調べる)
  • 胸部単純X線撮影
  • 上部消化管造影X線撮影
  • 腹部エコー検査(超音波検査)
  • 心電図検査
  • 便潜血検査

などなど。

費用は約4万円だったのですが、Tポイントを使えたので約3万2000円になりました!笑 ネット検索で探してみたときは「少し高いな……」と感じましたが、考えてみれば1年にたった1回だけのことです。これだけの項目にわたる検査で病気がないか調べてもらえるなら、決して高くないと思いました。僕は、すぐに人間ドックの予約を取りました。

ところで、説明を入れないとわかりづらい項目がありますね。

呼気検査

簡単にいうと、肺の大きさや空気の出し入れについて検査します。スパイロメーターという機械を使って、肺活量などを調べます。これによって、肺結核や気管支喘息などの病気を発見することができるそうです。

%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

(画像転載元:喘息ドットコム

方法は簡単。まず、画像の左端についている筒のようなものを口にくわえます。そのあと、大きく息を吸って一気に吐き出すだけです。

僕がいった病院だけかもしれませんが、看護師の女性が面白かったです。検査の説明をするときはかわいらしい口調で話すのですが、検査がはじまると口調がいきなり変わります。

「大きく吸って~~~~」のあと、「吐いてっ! 吐いて吐いて吐いてっっっっ!!」と大声で指示を出すのです。さっきまでのかわいらしさはどこへ……笑 その変貌ぶりに思わず吹き出しそうになりました。

こういう風に指示を出さないとしっかりと検査ができないのでしょうね。看護師という仕事も大変だなあなんて思いました。

%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab

造影X線検査

一般的なX線検査では移りづらい部分に造影剤(バリウム)を入れて、撮影するレントゲン検査です。

まず、ちょっと大きめの粉を水で飲まされます。この粉は溶けると炭酸水になり、体のなかで二酸化炭素を発生させます。ちょっと汚い話ですが、すご~くゲップをしたくなるのですが、検査に必要なものだから絶対にしてはいけないとのこと。かなり苦しい笑

その後、バリウムを飲まされます。バリウムの量が多く、炭酸によって胃が膨れている体にはかなりちょっとキツい……笑

どうにかすべて飲み終えると、いよいよ検査開始です。機械の上に立たされて、右へ左へ、なんならちょっと逆さまに動かされます。その動かされ方といったら、NASAの宇宙飛行士訓練かと思うほどです。もちろん、そんな訓練は受けたことはありませんが、正直きびしい……笑

どうしてそんなに動かすのか聞いてみいてみたところ、撮影したいところにバリウムを移動させるためだそうです。体を傾けることでバリウムを移動させるなんて、意外と原始的です笑

この検査は、10分程度かかります。検査としては、少し長いほうかもしれません。

ちなみに、僕が行った人間ドックでは検査後に食事がついていました。これが意外とおいしくてびっくりしました!笑 季節によってメニューが変わるようです。

そんなわけで、どうにか体中をくまなく調べてもらいました。最近は、認知症やアルツハイマー、脳卒中などを予防するための脳ドックもあります。脳に重大な起こると、一人で生活することさえままならなくなります。手足のしびれやろれつが回らないなどの症状が、少しでもあれば脳ドックも一緒に受けることをおすすめします。全国から患者さんが訪れる病院があります。

脳ドック

検査結果は!? まさかの……

僕のドックの結果は、検査の種類によって1週間後と3週間後に郵送で通知されます。検査後に時間があれば、医師から直接聞くこともできたようですが、仕事の都合があったの郵送にしました。

……で、1週間後、検査結果が届くと、驚きの結果が。

1枚目の紙に、「要精密検査」と書かれていたのです!

ん? もう一度、よく見てみようかな……。

要 精 密 検 査

健康診断を受けなかった5年のあいだに僕の体に異変が起きていたのでした……。

次回に続きます。

スポンサーリンク
最下層