戸建て住宅にオススメ!ダイニングテーブル&チェア選び方のポイント【理想の部屋を作るためのインテリア術】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

せっかく戸建てを購入したのだから、気持ちのいい空間で生活したい! ここでは、理想の部屋を作るための、インテリア術を紹介します!

第3回目の今回は、「ダイニングテーブル&チェアの選び方」です!

ダイニングテーブル

【menu】

  1. ダイニングテーブル&チェアはセットで考える
  2. ダイニングテーブルの選び方のポイント
  3. チェアの選び方のポイント

ダイニングテーブル&チェアはセットで考える テーブル面と座面の高さの差(差尺)に注意

インターネットやカタログを見ているとつい忘れがちになるのですが、ダイニングテーブル&チェアは2つで1つです。

セットで販売されているものを購入するときは問題ないのですが、テーブルとチェアを別々に購入するときは要注意。うっかりすると、せっかくの購入したお気に入りのテーブルとチェアが使えない……ということになりかねません。

そこで、まず考えたいのはテーブル面から座面までの「差尺」です。「差尺」とは、テーブル面と座面の高さの差のこと。これを、27cmから30cmにすると食事がしやすくなるといわれています。テーブルにひじを置いたとき、ちょうど直角になるぐらいですね。

(この画像のような感じです)

テーブルとチェアの差尺

ダイニングテーブルの選び方のポイント

ダイニングテーブルは、部屋の広さにあった大きさのものを選ぶといいですね。

ただ、一人が食事するためのスペースは、「幅60cmから70cm×奥行き40cmから50cm」が必要だとされています。また、テーブルのまわりにはチェアを動かすためのスペースも必要です。

これをもとに計算すると、4人がけのダイニングセットを置くためには、約2.3畳のスペースが必要になります。

また、テーブルが長方形が丸形かによっても必要なスペースが異なってきますので、それぞれの特徴を紹介します。

■長方形のテーブル

  • 丸形のテーブルとくらべ場所をとらない
  • 一辺を壁につけることで、スペースを節約することができる。
  • 子どもがいないあいだは、片方の辺に夫婦(カップル)で隣り合って座ることができる。

■丸形のテーブル

  • 長方形のテーブルとくらべ場所をとる。
  • 全員がはす向かいに座ることになるので、自然な姿勢で隣の人と会話ができる。
  • 4人用のテーブルをつめることで、5人まで座ることもできる。

ちなみに、うちの場合は合計約14畳のコンパクトなLDKなので、長方形の4人用ダイニングテーブルを選びました。

チェアの選び方のポイント

チェアを選ぶときは、適度にリラックスして食事ができるものを選ぶといいですね。

チェックポイントは、以下の通りです。

  • 座面が大きすぎるもの&背もたれが後ろに大きく開きすぎているものは避ける
  • アームチェアの場合、アームの部分がテーブルの天板の下に収まるものを選ぶ
  • 足がしっかり床につく高さのものを選ぶ(一般的な座面の高さは42cm)
  • やわらかすぎないクッションのものを選ぶ
  • 深く座ったときに、太もものうしろに圧迫感のないものを選ぶ

最近はインターネットで物を購入することもあると思いますが、長時間座るチェアはできるだけ試し座りして、自分に合ったものを選ぶのがオススメです。また、試し座りをするときは、部屋で座るのと同じように靴を脱いで行うのがポイントです。

カフェオレとテーブル

今回は、ダイニングテーブル&チェアの選び方を紹介しました。もう少し紹介したいことがあるので、次回は「ダイニングテーブル&チェア 選び方のポイント(後編)」になるかもしれません。

今回も、ありがとうございました!

※この記事は、以下の書籍も参考に書かせていただきました。
はじめての家づくり 基本レッスン 決定版―「居心地のいい家」をつくる必読情報! (主婦の友新実用BOOKS)

写真でみるだけでなく、インテリアの基本を知りたい人にオススメの一冊です!

インテリア関係の本はビジュアル重視のものが多いのですが、この本は実際にすばらしいインテリアを実践している一般の家の写真を掲載しながら、どこがポイントなのかを説明してくれています。

また、インテリアの基本からカラーコーディネート、ウインドートリートメント、家具、照明、キッチンの選び方、ディスプレイや収納の基本など、理想の部屋を作るために必要な知識を順番に解説してくれているので、非常にわかりやすくインテリアを学ぶことができます。

センスがいいとほめられる インテリアのルール

簡単に、「センスがいいね!」とほめられたい人にオススメの一冊です!

シンプルスタイル、カントリースタイル、アンティークスタイル、カフェスタイル、アジアンスタイルなど、インテリアには代表的な「スタイル」があります。

この本は、そんなスタイルのポイントをルール化してまとめてくれています。まずは、自分の好きなスタイルを見つけて、ルール通りに実践するだけで、センスのいい空間を作ることができます。

スポンサーリンク
最下層