育児休暇中にもらえるお金のまとめ3つ|申請方法からもらえる時期まで”わかりやすく”紹介します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

こんにちは。いつもこのブログをご覧くださりありがとうございます。

妻の妊娠&出産への準備が終了しました。あとは授かるのを待つだけ……なのですが、意外とできないものですね。ただ待っているのも時間がもったいないので、できる準備を進めておこうと思います。

先日、「妊娠&出産でもらえるお金のまとめ|申請方法や時期まで詳しく紹介します」という記事をアップしましたが、今回は育休中にもらえるお金についてまとめます。僕はフリーランスですが、妻は会社員。しっかり調べておかないと損しないように気をつけなければ!

育児休業給付金

将来的に職場復帰する予定の女性が育児休暇を取得する場合、「育児休業給付金」を受け取ることができます。ただし、雇用保険の被保険者で、育休前の2年間に一定の以上働いた実績が必要です。

育児休業給付金の給付金は、以下の計算の通りです。

・育休開始から約6ヶ月間の給付金=休業開始時賃金の日額×支給日数×67%
・その後の4ヶ月間の給付金=休業開始時賃金の日額×支給日数×50%

単純に、約6ヶ月間は67%、その後の4ヶ月間は50%と覚えておくとわかりやすいですね。ただし、休業前の賃金にボーナスは含みません。残業代は含みます。

申請方法は?

勤務先に問い合わせるのが一番簡単です。

・産休に入る前に、勤務先から「育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付受給資格確認票」をもらってください。
・産休の1ヶ月前までに勤務先に提出してください。
→振込先に指定する金融機関の確認印も必要です。

手続きを自分でおこなう方法もありますが、会社にやってもらうほうが簡単でしょう。せっかっく会社員でいるわけなので、メリットはしっかり活用しましょう笑

育児休業給付金の注意点

・初回の給付金が振り込まれるのは4~5ヶ月先なので、計画的にお金を使ってください。
・休業中も給与の8割が支払われている人は対象外です。また、それ未満しか支払われてい
い場合、育児休業給付金との総額が8割を超えないように調整されます。
・育児休業給付金には上限があります。67%支給の期間は「285,420円」、50%支給の期間は「213,000円」が限度額です。下限は決められていません。
・雇用保険に入っていない人(フリーランス、自営業、パートやアルバイト、専業主婦)には支給されません。

【育休中は社会保険が免除されるから安心です!】会社員の方は、毎月の給料から「社会保険料(厚生年金、健康保険)」が引かれて振り込まれています。収入の減る育休中は、この支払いに無理が生じそうです。そんな方のために、育休中の社会保険料が免除となる制度があります。必ず申請してくださいね!

パパ・ママ育休プラス

育児休業制度を利用できるのは、子どもが1歳になるまでと決められています。ところが、夫婦で育休を取ることで、子どもが1歳2ヶ月になるまでに延長することができます。これが「パパ・ママ育休プラス」です。これを利用すれば、夫婦それぞれが育児休業給付金をもらうことができます。ちなみに、育休期間を夫婦でずらすこともできます。

申請方法は?

基本的には、会社が手続きをやってくれます。

・勤務先から「育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付受給資格確認票」を提出してください。
・住民票の写しなど、育児休業給付金を受給している人の配偶者であることを証明できるものを用意してください。
・配偶者の勤務先から交付された「育児休業取扱通知書」の写しなど、配偶者が育児休業を取得していることが確認できるものを用意してください。
・マイナンバーが必要になることがあります。

基本的には、会社の指示に従えば問題なく受給できるはずです。

パパ・ママ育休プラスの注意点

・満額が支給されるわけではないので収入が減ってしまうことがあります
・また、ボーナスや退職金に影響が出る可能性があります。これらのお金をどのような基準で決めているのかや、パパ・ママ育休プラスを取ることでどれぐらい減額されるのかも確認しておくといいでしょう。
・事実婚のカップルも利用できます。

児童扶養手当

児童扶養手当は未婚での出産、離婚や死別により、一人で子育てしなければならない家庭に支給されるお金です。子どもが18歳になったあと最初にやってくる3月までが対象期間。高校卒業まで支給されるということです。

支給額は所得や子どもの数によって異なります。仮に全額支給される場合は、「4万2,330円」をもらえます。

申請方法は?

各市区町村役所で申請できます。

・各市区町村役所に「児童扶養手当認定請求書」を提出してください。請求者及び児童の戸籍謄本、収入証明書が必要です。
・毎年8月に、子どもの養育状況や前年の所得を確認する現況届を提出する必要があります。

注意点

・妻あるいは夫がDVに遭っており、実質的に一人で子育てしている場合も支給されます。
・所得が限度額を超えると支給額が減額されるか、停止になることがあります。
・支給は4ヶ月に1回、毎年4月、8月、12月です。

今回は、子どもが生まれてからもらえるお金をまとめてみました。子どもが成人するまでにかかるお金は、1,000万円以上だといわれています。正直、もう少し手厚くしてほしいなと思うのですがもらえるものはもらっておいたほうがいいですね!

スポンサーリンク
最下層