名古屋「リヨン」でモーニングを食べた感想|待ち時間やお得感は、接客は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

名古屋で有名なものといえば、「金のシャチホコ」と「味噌をつかった料理」、それに喫茶店の「モーニング」ではないでしょうか。

……とはいえ、名古屋ではそこら中の喫茶店がモーニングをやっているため、いったいどのお店にいけばいいのか見当がつきません。そこで宿泊したホテルでたずねたところ、名古屋駅近くの「リヨン」がオススメだとのこと。たしかにガイドブックや雑誌、インターネットのサイトでも必ずといっていいほど紹介されています。

実際、リヨンではどんなモーニングをいただけるのでしょうか。

モーニングは大きくわけて2種類

リヨンのモーニングは大きくわけて2種類です。1つは、本当に朝だけ注文できるモーニング。もう1つは一日中注文できるモーニングです。1日中注文できるのに「モーニング」というのもおかしな気がしますが、軽く食事をしたいという方にはうれしいサービスだと思います。

玉子・野菜サンドセット(朝だけ注文できる)

まず注文したのは、「玉子・野菜サンド」セットです。

(玉子・野菜サンドセット 730円)

これは朝だけ食べられるモーニング。玉子と野菜のサンドイッチに、ゆで卵とミニサラダ、ホットコーヒーがついています。

サンドイッチはなかなかのボリュームで食べごたえがあります。ただ、ミニサラダは男性にはちょっと少ないかな……と。ゆで卵は黄身が偏りすぎていました笑

小倉あんプレスサンド(1日中注文できる)

次に注文したのは、「小倉あんプレスサンド」です。

(小倉あんプレスサンド 価格は飲み物による)

これは1日中注文できるモーニング。ドリンクを注文するとそのままの値段で小倉あんプレスサンドがついています。今回はアイスティーを選んだので、たしか410円でドリンクと小倉あんプレスサンド、豆をいただくことができました。これはなかなかお得な仕組みです。

アイスティーを注文したとき、「甘いですけどいいですか?」と確認されました。子どものころは甘い紅茶をよく飲んでいたので「大丈夫です」と答えましたが、実際の商品を一口飲んでびっくり。想像以上に激甘でした……。妻曰く「体が震えるほどの甘さだった」とのこと。アイスティーを注文しようと考えている方、ぜひお気をつけください。

リヨンのモーニングはお得か?

僕は、「名古屋のモーニングはお得!」と思い込んでいました。実際はどうでしょうか。

「玉子・野菜のサンドセット」は730円ですが、この量にしてはやや高いというのが正直な感想です。この6~7割ぐらいの金額である吉野家の朝定食のほうがボリュームも栄養もありお得感があるように思います。

一方、1日中注文できる「小倉あんプレスサンド」は、ドリンクの料金を支払うだけで「小倉あんプレスサンド」とお豆をいただくことができます。まずまずお得なのではないかと思います。

今回いただい2つのモーニングの考慮にすぎませんが、「お得感はさほど高くない」という印象です。

そのほか、気づいたこと

そのほか、感じたことを書いてみたいと思います。

僕が訪れた午前10時前後は待ち時間ほぼゼロ

リヨンは非常に人気があるお店で、入店までに待つことがありそうでした。ただ、僕がいった午前10時前後はほぼ待つことなく入ることができました。また食事をしているあいだにどんどん人は減っていって、出るころには半分ぐらいテーブルが空席に。時間的な制約がない観光などでいくのであれば、午前10時過ぎにいくといいと思います。

店内はさほど清潔ではない

玉子・野菜サンドセットについているミニサラダには味付けがされていないため、テーブルにあるドレッシングを自分でかける必要があります。ただ、このドレッシングがとても不衛生……。最近、埼玉県でO-157による健康被害があったばかりですから、もう少し気を付けていただけないかな、と思います。

接客のクオリティは高くない

店内には観光客の姿がちらほら。僕も経験がありますが、一見さんはいちいち注文に時間がかかったり勝手がわからなかったりと、接客するのが面倒なものです。もしかするとこういったことが影響しているのかもしれませんが、店員さんは全体的に感じがよくありません。

全席喫煙可だがそこまで煙いわけではない

リヨンは全席喫煙可です。僕も妻もタバコを吸わないため一瞬とまどいましたが、実際はさほど煙くありませんでした。タバコの苦手な方も、安心してモーニングを楽しむことができます。

ここに書いたことは、あくまで僕の個人的な感想です。他の人には別の感想があると思います。観光や出張で名古屋のモーニングを探している方の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク
最下層