東証一部と東証二部の違いは?東芝やシャープのように降格も!なぜ二部にとどまる企業があるの?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

株式投資について勉強していると、よくわからないことが出てきます。そこで、僕が気になったことについて書いてみたいと思います。今回は、東証一部と二部の違いです。

まずは、株式市場の仕組みを整理!

「東証」という言葉があまりにも有名なためか初心者の僕は知らなかったのですが、日本の株式取引所は、「東京」「大阪」をはじめとして、「名古屋」「札幌」「福岡」があります。「東証」は、「東京証券取引所」の略なのですね。この東京証券取引所(東証)には、「東証一部」「東証二部」「ジャスダック」「マザーズ」という4つの市場があり、日々、株の取引が行われています。

あえて各市場をランクづけするとどうなるのでしょうか。審査基準の厳しさでいうと、一般的には以下のヒエラルキーだとされています。

  1. 東証一部
  2. 東証二部
  3. ジャスダック(スタンダード)
  4. マザーズ
  5. ジャスダック(グロース)

(※審査基準の厳しい順)

%e6%a0%aa%e4%be%a1

東証一部と東証二部の違い

同じ「東証」にも「一部」と「二部」があります。この違いは、上場するときの審査基準です。東証一部のほうが東証二部よりも厳しい審査基準が設けられています。

東証一部と東証二部の審査基準を2点にしぼりピックアップしました。

【東証一部】

・株主数…2,200人以上

・時価総額…40億円以上

【東証二部】

・株主数…800人以上

・時価総額…20億円以上

株式投資をはじめたばかりの僕としてはどちらもすごい企業に見えるのですが笑、こうした違いがあるようです。この厳しい基準を具現化するように、東証一部には日本の名だたる大企業が上場しています。

東証一部に上場するとそれだけのメリットがあります。もっとも大きいのは資金調達が楽になることです。株式が東証一部で取引されるようになるので当然ですね。

また、企業イメージがアップすることも考えられます。「東証一部に上場しました!」などと書かれた広告を見たことがありませんか? これは、つまり「大企業の一員になりましたよ!」ということをアピールしているわけです。優秀な人材やお金を集めやすくなるという好循環につながります。まさに、いいことだらけですね!

ただ、あえて二部に残り一部に上場しない企業もあります。これは、一部に上場するためにはそれないの費用がかかることなどがあげられます。ちなみに、「日本マクドナルドホールディングス(2702)」は下で説明するジャスダックに上場しているのですが、なぜ東証一部に上場しないかは初心者の僕にはわかりません。ただ、いろいろ調べてみると、わざわざ費用をかけて東証一部に上場する必要もないのではないかと考える人もいるようです。

東証一部から東証二部へ降格することもある

東証一部で株が取引きされるためには、基準を満たしている必要があります。逆にいえば、基準を満たすことができなければ、東証二部に降格することもあります。

2017年2月現在、深刻な経営難に陥っている東芝(6502)は、3月末時点での「債務超過」の解消を断念。その結果、東証一部から東証二部に降格する見込みとなりました。

2016年には、シャープ(6753)が同じ「債務超過」を理由に、東証一部から東証二部に降格しました。

東証には、一部の上場企業が債務超過に陥った場合、二部に降格するきまりがあります。「債務超過」とは、債務が資産を上まわる状態。東芝もシャープも、このルールに則り指定替えになったのです。

再び二部から一部に昇格するためには、債務超過を解消したうえで東証に申請。審査を通過し、承認を得る必要があります。

ちなみに、東芝(6502)の株価は、2/13から2/15のわずか2日間で、251.6円(2/13の高値)から199.2円(2/15日の安値)にまで大幅に下落しました。

%e6%a0%aa%e4%be%a12

ジャスダックとマザーズの違い

東京証券取引所は、ジャスダックやマザーズも運営しています。

ジャスダックの特徴は、主にベンチャー企業が多く集まっていることです。また、「スタンダード」と「グロース」の二種類があります。

「スタンダード」は、直前期末の純資産が2億円以上あることなどが審査基準として挙げられます。ベンチャー企業といえども、ある程度の安定性がないといけないわけですね。

「グロース」は、その名の通り「成長性」に重点が置かれています。直前期末に赤字になっていなければOKなので、「スタンダード」と比べると緩やかな基準だといえるでしょう。

マザーズもベンチャー企業が多いのが大きな特徴ですが、上場するときに赤字や債券があっても「成長が見込まれる理由」があれば上場することができるようです。

今回は、「東証一部」「東証二部」の違いから、「ジャスダック」「マザーズ」について調べてみました。厳しい審査をクリアしたことは会社が安定しているからだと考えることができます。初心者の僕としては、東証一部や東証二部に上場している企業にしぼって投資するといいかもしれませんね。

こちらの記事もいっしょに読まれています!

東芝は上場廃止や倒産もあり得る!? その場合、株や株主はいったいどうなるの?

【ビギナー向け】投資歴3ヶ月の初心者が株に失敗して大損した体験談

【ビギナー向け】初心者が株式投資をはじめて1か月でわかったこと10個

このブログを気に入ってくださったら、Facebookやツイッター、はてななどでシェアをお願いします! これからも、わかりづらいことを調べてアップしていきたいと思います! ありがとうございました!

スポンサーリンク
最下層