モデルルーム見学会で書くアンケートの内容は? モデルルームを見に行く②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
 レーベン立川Embellir

※画像はイメージです。レーベン立川Embellir様のモデルルーム画像を拝借致しました。

前回は、物件探しからモデルルーム見学の予約までについてお聞き頂きました。
今回は、「モデルルーム見学会」についてお聞き頂きたいと思います。みなさんは「モデルルーム見学会」と聞いて、どんなものを想像しますか?

スポンサーリンク

「モデルルーム見学会」と聞いた想像するものは?

恥ずかしながら僕は、予約した人が集まってみんなでゾロゾロとモデルルームを見学するようなものを想像していました(笑) 最近、お墓の見学ツアーがあるらしいですが、あれに近いものを想像してしまったのです。万一遅刻したら他の方々に迷惑がかかると思い、仕事と同じように数分前の行動を心がけてしまったぐらいです(笑)

でも実際は、パーテーションで区切られたブースで担当者と個別に話をすることができるようになっていました。隣のブースの声がまったく聞こえないかというとそうでもありませんが、一応のプライバシーが保てるように配慮されているようです。

知らないって、本当に恥ずかしいですね……(笑)

もちろん、これは僕が見に行ったマンションのモデルルームなので、ほかのところはわかりません。もしかしたら、完全個室のところもあるのかもしれません。

アンケートの内容はどこまで正直に答えればいいの?

ブースに通されたあと、まずはアンケートの記入を求められました。その内容は、だいたい以下の通りです。

■名前
■年齢
■職業
■住所
■電話番号
■年収
■希望の間取り(3LDK or 4LDK)
■予算
■保有財産
■残債のあるローン
■車の所有台数と車種
■モデルルーム見学にきたきっかけ(見た広告)

ところで、これ、どれだけ正直に書けば良いのでしょうか。そもそも、アンケートが存在する理由は2点あります。

1つは、マンションの営業マンが顧客の情報を正確に把握するため。もう1つは、後日顧客に改めて営業をかけるためです。

この2つめの目的でもある営業電話などが結構わずらわしいのですよね。また、マンション側に個人情報を握られるのも嫌で、嘘を書いてしまいたくなる気持ちもわかるのですが、僕としては正確に記入することをオススメします。

モデルルームに入った瞬間に「あ、このマンション買わないや」と思った場合は別として、基本的には購入する可能性がわずかでもあるからこそ、モデルルームを見にいったはずです。最初のアンケートの記入に嘘があると、その後の商談でつじつまが合わないところが出てくることが予想されます。これも結構面倒です。

そうであれば、最初から正確に記入しておくにこしたことはありません。

やっぱり僕はビビっていた

……と、いまでこそ冷静に書けるわけですが、チキンな僕は実はこのときも相当ビビっていました(笑)

以前も書いたように、僕はフリーターで年収は350~400万でした。「あんた、どの面下げてやってきたんでぃ! ひやかしなら帰ってくんな!!」などと罵倒されるのではないかと思っていたのです。

ところが、アンケートの記入内容にさっと目を通した担当者は顔色一つ変えずに物件の説明をはじめたのでした。これでホっとしたのですが、逆に少しこわいような気がしてきました。なぜ、年収の面についてなにも言わないのだろうか、と……。

そこで、僕は自分から聞いてみることにしました。
「あの~、年収が400万円しかないのですが、買えるものなのでしょうか……」

すると担当者は笑顔で言いました。
「大丈夫です、ローンの審査は必ず通します!」

担当者が満面の笑みでいることが逆にこわかったりもしたのですが、これでとりあえずは安心して説明を聞くことができました。

現在は、かつてより100万円以上も平均年収が低い時代だといわれます。年収の問題で住宅の購入をあきらめている方もいるかもしれません。もちろん年収が低いことは問題にならないとは言いませんが、必要以上に心配する必要はないかもしれません。少なくとも、年収のせいで門前払いされるというようなことはないと考えてOKです。

次回は、「モデルルームを見に行く③ モデルルーム見学会は一つのストーリー」についてお聞き頂きたいと思います。

今回もありがとうございました。

スポンサーリンク
最下層